RICEお米について

店のお米は、高品種・無農薬・減農薬米等を使用しています
店舗内で精米する(搗く)ので、とてもフレッシュ新鮮な白米です。
当店のお米は、当社で新潟南魚沼・栃窪集落に田んぼを契約、
お米は私達で田植えと収穫をしています。
たとえお米が不足した際でも、新鮮な魚沼コシヒカリを契約農家
さんから直接仕入れる事ができます。
〇お米の歴史

〇お米の歴史


お米は、原始時代からありました。 普通に生えていたのです。
やがてこれを収穫して食べるようになりました。 
メソポタミアを中心とする西側では、主食として麦が選ばれ、インドや中国を中心とする東側は米、アワ、ヒエの穀物が選ばれましたアジアで米が盛んになったのは気候が大変合っていたのです。
揚子江の下流の遺跡で世界で一番古い6000年前の田んぼと米が発見されています。
日本には、中国から伝わったと思われますが、日本での一番古い米づくりは、今から3500年前の岡山県の遺跡から見つかっています。しかし、この頃の技術は水田では無いとのことです。
2500年前の縄文時代から弥生時代に変わるころに水田の米作りに技術が変わり、盛んになりました。弥生時代には完全な農耕文化となりました。
日本の邪馬台国を支えていたのもこの「お米」に間違いない事数々発見されています。
暖かくて雨が多い、日本の気候に合い沢山とれました。
日本は主食としてお米の素晴らしさを知りました。
〇 お米の品種

〇 お米の品種


現在の日本で食べているお米の品種は、ジャポニカ米と呼ばれるもので、デンプンの中にアミロペクチンが多く水分を多く含み独特の弾力と粘り気つやが出るというものです。他の品種には「インディカ米」(タイ米ともいう)と呼ばれるものがありますが、特徴に大きな違いがあり、この弾力と粘りがあまりないのです。
日本のお米の品種はその後、明治時代に「美味しいお米」と評判が高かった「旭」「亀の尾」(東の亀の尾・西の朝日と呼ばれ)品種があり、名付けた品種の最初です。これらから交配が行われ改良をねていったのです。お米はみんな血を受け継いだ親戚同士なのです。「もっと味しい・食べやすいお米を」と様々な種類のお米が誕生していきました。 
「旭」 「亀の尾」 から→ 「陸羽132号」・「農林1号」が誕生し→「農林1号」×「農林22号」から →「ササニシキ」や「コシヒカリ」が誕生します。 
「ひとめぼれ」「あきたこまち」「ひのひかり」 は「コシヒカリ」が親になります。「ひとめぼれ」×「キヌヒカリ」 から → 「夢しずく」 が誕生します。 「夢しずく」 は 「コシヒカリの孫」 にあたります。
「コシヒカリ」の ひ孫には、「キララ397」と言うお米も誕生しました。
このほかにも、「はえぬき」「ヒノヒカリ」「ほしのゆめ」「ミルキークイーン」「日本晴」「森のくまさん」「夢ごこち」「まっしぐら」 まだまだ・・ 
これは、最近の消費者の皆さんが「粘りと甘み」を好むようになり、人気が出た「コシヒカリ」の交配をさせた品種が多くなったものです。
〇 「粘り気」が米の特性を決める
米の研究結果によると、この「粘り気」モチモチ感は、
米のデンプンは「アミローズ」と「アミロペクチン」と言う物質の二種類で構成されていて、「アミロペクチン」は吸水性が高く「アミロペクチン」 の含有が多いほど粘り気が強くなるということです。
冷めてもバサバサになりにくい特性があります。
モチ米がなぜ「モチモチ」として「おもち」になるか? 
この「アミロペクチン」 が100%なのです。
よって今では、お米のデンプンを検査して「アミローズ」の含有が少なければ、
「粘りが強い」と言う「指標」になっているのだそうです。
〇白米への精米

〇 白米への精米


精米されたお米は玄米に比べて「酸化」しやすくなります。
酸化が進むとモチモチ感が無くなったり味もガタ落ちになります。
精米した瞬間から急激に鮮度が落ちていきます。いいお米屋さんやデパートでいいお米を購入しても、精米時期が問題です。
いいものもだいなしになってしまいます。


当店は、お客様にお出しする「銀シャリ(ごはん)」をここのお店で前日に精米し、
ひと釜づつ冷蔵庫の中で浸漬いたします。
〇 玄米について 
玄米は、すべての栄養素で白米を上回ります。ビタミンB1は白米の5倍、整腸作用のある食物繊維は6倍、高血圧を予防するカリウムは2.5倍、造血やDNAの合成の葉酸は2.2倍貧血を予防する鉄は2.6倍です。
日本人は昔、玄米を主食としてきましたが、江戸時代に、精白米を食べるようにりました。結果ビタミンB1が欠乏し、脚気(かっけ)が増え「江戸わずらい」と呼ばれました。
脚気は全国的に問題となりました。でも、玄米はこのビタミンB1の栄養素も豊富です。最近では玄が見直されてきています。
ただ、玄米は白米よりボソボソして美味しくないです。
食べ難く消化があまりよくないです。
だから、精米程度を調整した、5分づきや、7分づきが良いとされています。体にはいいのですが、いきなり玄米は抵抗がありますので七分づき位から食べてみては如何でしょうか。
(玄米・分づきをご注文のお客様は事前にご予約を!!!)