COFFEE珈琲について

〇 コーヒーの品種と歴史


コーヒーの品種は、「アラビカ種」 「ロブスタ種」 「リベリカ種」の三種類です。
1  アラビカ種は、元は、エチオピアの高原で発見された原生種でアラブ人によってイエメンで独占栽培されていました。17世紀にオランダに渡り、世界に広がりました。現在も世界の約80%のコーヒーがこのアラビカ種です。
  当然私たちが飲んでいるほとんどのコーヒーはこのアラビカ種です。

2  ロブスタ種は、1858年アフリカのヴィクトリアで発見され、1898年ベルギー人がコンゴで発見したした時に「ロブスタ」と名付けました 世界の約20%がこのロブスタ種です。
        
3  リベリカ種は、1870年アフリカ西海岸のリペリアで発見されました。
これにちなんで 「リペリカ」と名付けられたそうです。
世界の約1%にあたります。 
〇コーヒー豆の特徴 〇コーヒー豆の特徴

〇 コーヒー豆の特徴


1 アラビカ種は、 苦みが少なく、甘み、酸味、香りが豊かです。 
2 ロブスタ種は、 苦みが強く、甘み、酸味が低い 価格は安く栽培がしやすく病気に強い
3 リベリカ種は、  味も香りもよくない

〇 コーヒー豆の特徴


コーヒー豆の種類には、「モカ」や「ブルーマウンテン」「キリマンジャロ」「コロンビア」他にも様々な種類の珈琲がありますが、これらの豆の品種は全て「アラビカ種」です。

〇 コーヒーの食前食後の効能


食前派
・ 空腹感が抑えられます
・ コーヒーを飲んだ後に入ってくる「脂質」と「既に体内
  に溜まっている脂質」を分解してくれます
・ 体の中の糖分吸収をゆっくりにしてくれます

食後派  
・ 胃の働きを促進させます。消化がスムーズになり、
  胃だけではなくお肌にも優しい。
・ 食べ過ぎたものや余分な脂をそのまま排出してくれる
・ 美白やシミに効果がある